9-B 土香炉(どこうろ)

(1) 土香炉

 中尊前において三具足、五具足を荘(かざ)るとき、金香炉は使用せず、その代りに透し入り土香炉を使用します。「なかご」といわれる落しの入った、唐草模様の透し入りの青磁香炉です。土香炉は三本足です。その一本を正面にしましょう。土香炉はすべて燃香用としての役割を持っています。燃香とは、土香炉に抹香(まっこう)を盛り、これに火をつけた附茸(つけだけ)で燃ずることです。抹香とは樒(しきみ)やあせびの葉を乾燥させて粉末にしたもので、附茸とは古木に生じた白い茸(きのこ)を乾燥させたもの、また、竹の先端に硫黄を塗ったものともいわれます。今のマッチに代わるものです。現在では線香がその両者の代用として使われます。

目次へ

(2) 土香炉の関連知識

 お香は私たちの体臭を消して心身をしずめるはたらきがあり、人びとにひろくゆきわたる清浄な如来の徳もあらわしています。お香のたき方には、焼香と燃香とあり、焼香とは、火だねを入れた香炉に沈香や五種香をたく仕方です。燃香とは、もと香炉の中に敷いた香につけ火したもので、その習慣は、実如上人の頃から行われていたと言われますが、その後、中国から伝えられた「線香」が天文年間(十六世紀)から燃香の簡単なかたちとして発達し、江戸時代にはひろく普及し、燃香を代用するようになりました。その点からいって、線香は香炉の中に折ってねかせるのが本義といえます。真宗では、線香を立てないで、土香炉に入るように折ってねかせます。本数は何本でもよろしいが、むやみにもやす必要はありません。おつとめのはじめの時間しかもえていなくても、香りが部屋にいきわたればそれでいいのです。

【土香炉】
【土香炉の足】